Top》
土壌汚染調査水質調査大気調査悪臭調査騒音・振動調査シックハウス症候群
調査・分析 設備一覧
よくあるご質問


ご利用案内
土壌汚染調査
ICP発光分析装置
調査状況例

公的認可
・計量証明事業登録(濃度) 登録番号:第49号(和歌山県)
・土壌汚染状況調査指定機関 指定番号:環2003-5-1025(環境省)
土壌汚染調査について
 平成15年に土壌汚染対策法が施行され、土壌汚染調査(特定施設廃止時(3条調査)及び都道府県知事が必要と認めるとき(4条調査))を実施し、知事に報告することや、汚染が認められた場合は汚染の除去用の措置を行うことが義務となりました。その他、条例で土壌汚染調査を実施することを定めている地方自治体もあります。
また、土壌汚染対策は、環境マネジメントという観点からも重要な事項とされ、この問題への積極的な取組は、企業イメージの向上にもつながります。
 このように、土壌汚染に対する法規制が整備され、また、土壌汚染に対する認識が高まる中、当社は土壌汚染状況調査指定機関として、環境省から指定を受けて、法に基づいた調査やお客様の目的に沿った土壌汚染調査を実施しています。
土壌汚染調査の具体例
 ○土壌汚染対策法に基づく調査(3条調査、4条調査)
 ○土壌汚染対策法対象外の調査
  ・ガソリンスタンド跡地の油の調査
  ・土地取引等にかかる汚染状況確認調査
 ○条例等により定められている土壌調査
 ○土壌環境基準の調査

分析内容
 ○溶出試験
 ○含有量試験
土壌環境基準(環境省HP)

Top 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー 関連リンク
Copyright(C) 2009 Waken Gijyutsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.