Top》
土壌汚染調査水質調査大気調査悪臭調査騒音・振動調査シックハウス症候群
調査・分析 設備一覧
よくあるご質問


ご利用案内
シックハウス症候群
ガスクロマトグラフ質量分析計
高速液体クロマトグラフ

シックハウス症候群について
 ここ数年、「シックハウス症候群」と呼ばれる、住宅や住宅の中で用いられる生活用品や家具などに起因する健康影響の報告が相次いでいます。こうした影響は、建築材料や家具などに使用されている化学物質が室内の空気を汚染することで起きることがあるとわかってきました。  当社ではこれらの原因物質の測定を行っています。

調査の具体例
 ○住宅、マンション等の新築、増改築時の完成検査として
 ○学校環境衛生基準の調査
 ○その他

調査方法の概要
 ○アクティブ法:測定を行う部屋を、30分換気後5時間以上密閉した後に、吸着剤(または吸収液)に採取ポンプ等を用いて約30分程度かけて直接吸着させる方法。当社調査員が行います。
 ○パッシブ法:測定を行う部屋を、30分換気後5時間以上密閉した後に、吸着剤を天井などから木綿糸などでつり下げ、数時間(8〜24時間)かけて自然に吸着させる方法。お客様でも可能です。

調査方法の違い
標準法
(アクティブ法)
●専用器材による採取方法。
●定流量ポンプで、吸着管に一定時間(通常30分)
 室内空気を吸入し、目的物を吸着捕集。
●文部科学省や国土交通省の施設新築や改修等の
 竣工検査時に広く採用される。
●空気捕集量が正確で、採取時間が短い。反面、
 高価で、操作にある程度の技術が必要。
分子拡散法
(パッシブ法)
●チューブに化学物質吸着剤をつめたパッシブ
 サンプラーを、室内に8時間以上(24時間推奨)
 放置して室内空気中の目的物質を自然吸着
 させる。
●学校環境衛生の基準による学校教室内での
 測定に採用されており、病院や一般住宅,
 マンションの衛生管理にも広く応用できる。
●小型軽量、安価、取り付けが簡単で、場所を
 選ばず、どなたでも採取可能。

主な測定物質
 ○ホルムアルデヒド
 ○トルエン
 ○キシレン
 ○スチレン
 ○エチルベンゼン
 ○パラジクロロベンゼン

室内空気中濃度の指針値
名称 測定項目 指針値
厚生労働省指針
(厚生労働省)
ホルムアルデヒド100 μg/m3(0.08 ppm)
トルエン260 μg/m3(0.07 ppm)
キシレン870 μg/m3(0.20 ppm)
パラジクロロベンゼン240 μg/m3(0.04 ppm)
エチルベンゼン3800 μg/m3(0.88 ppm)
スチレン220 μg/m3(0.05 ppm)
クロルピリホス1 μg/m3(0.07 ppb)但し幼児の
場合は0.1 μg/m3(0.007 ppb)
フタル酸ジ-n-ブチル220 μg/m3(0.02 ppm)
テトラデカン330 μg/m3(0.04 ppm)
フタル酸ジ-2-エチル
ヘキシル
120 μg/m3(7.6 ppb) 
ダイアジノン0.29 μg/m3(0.02 ppb)
アセトアルデヒド48 μg/m3(0.03 ppm)
フェノブカルブ33 μg/m3(3.8 ppb)
ノナナール*41 μg/m3(7.0 ppb)
TVOC*400 μg/m3
学校環境衛生の
基準(文部科学省)
ホルムアルデヒド100 μg/m3(0.08 ppm)
トルエン260 μg/m3(0.07 ppm)
キシレン870 μg/m3(0.20 ppm)
パラジクロロベンゼン240 μg/m3(0.04 ppm)
エチルベンゼン3800 μg/m3(0.88 ppm)
スチレン220 μg/m3(0.05 ppm)


Top 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー 関連リンク
Copyright(C) 2009 Waken Gijyutsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.